聯想を追究してゆくとかう云ふ世界

 子供等もおしろおしろの白木屋の才三さん、丈八ッさんと云ふやうな毯唄は歌はぬ。其代り幸ひにそんな唄を今きくと、聯想は朦朧たる過去の世界を開いてくれる。 然しそれから尚聯想を追究してゆくとかう云ふ世界が段々と崩された迹が思ひ出される。其中にも尤も深く予に印象を與へたものは此町に耶蘇教の入《はひ》つて...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:55 pm  

汚い淺黄の着物

 汚い淺黄の着物をきた五郎兵衞が拷問にかけられて醜い顏をする。粗末な二重舞臺の上では役人が手習でもするやうな大きな字で口供を取つてゐる。かう云ふ所から藝術の幻影郷を抽き出すには隨分無理な 〔e'limination〕 をしなければなるまいと思ふが、見物は一向平氣で見とれて居るのである。然し此地《ここ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:55 pm  

船唄及び鹿島踊の事に關しては

 船唄及び鹿島踊の事に關しては予は何の知識をも持つて居ない。二三の人にも尋ねて見たが分らなかつた。敢てそれを窮めようと云ふ氣もなかつたから其儘にした。唯予がこの種の人間活動に就いて愉快に感ずる所は、昔の人の生活が藝術的であつた事である。神社と云ふものがあり、その内の神を祭ると云ふので目的が神秘に化せ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 12:54 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0921 sec.

http://trotters-independent-traders.co.uk/