二つの生活的ルンペン性が見られる

      K

 東京に於て、新たに、二つの生活的ルンペン性が見られる。 一つは、頸白粉の若い女たちである。旧市域の辺境あたりに多い。恐らくは、カフェーやバーなどの後を追って著しく殖えた小さな特殊飲食店、小料理屋とかおでん屋とかの女中たちでもあろうか。平素どんな生活をしているのか、私は知らない。...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:11 pm  

世間体とか人前とか体面とかいう事柄

      J

 日本人には含羞的性質が多分にあると云われている。世間体とか人前とか体面とかいう事柄に対する関心は、その現われであろう。然るに、この含羞的と凡そ反対なものの一つに、洗濯物の処置がある。身につける如何なる物も、それが洗濯盥から出て来たものでさえあれば、屋上や軒先にへんぽんと飜えして憚...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:10 pm  

ラジオの演芸

      I

 ラジオの演芸のために、晩酌の習慣がついたとか、或は晩酌の銚子が一本殖えたとかいう話を、屡々聞く。 凡そ晩酌ほど愚劣な風習はない。フランス料理につき物の葡萄酒と違って、日本酒は、必ずしも日本料理につき物ではなく、単にアルコール性飲料との意味合を多分に持つ。その日本酒を家庭で毎晩、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:09 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0125 sec.

http://trotters-independent-traders.co.uk/