公衆道徳の訓練

       六

 公衆道徳の訓練をしなければならぬといふものがある。いや、それよりも前に、個人道徳の確立が急務であるといふ説もでる。 私はそのいづれにも半分づゝ賛成であるが、その目的を達するためには、これまで行はれてゐたやうな方法では百年河清をまつに等しいといふことを断言する。 例へば、闇取...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:18 pm  

われわれの祖先

       五

 われわれの祖先は、長い伝統によつて、今日まで、世界で特殊な、しかし、それ自身としてかなり美しい風俗を作りあげて来た。明治初年まで、国民はその風俗のなかで育てあげられたのである。明治時代は、所謂欧化主義の一時期を経過しながら、なほかつ、取るべきはとり、棄つべきは棄てるといふ一定の...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:17 pm  

道徳性の弛緩といふこと

       四

 それゆえ、道徳性の弛緩といふことが、現象としてはたしかにそれらの風俗のなかに見られないことはない。けれども単なる道徳観念は、それが直ちに行為となつた場合でさへも、人を打つ力はないのである。道徳が真に民衆の理想を導き、これに醇乎たる人間的な生活の裏附をするためには、道徳の風俗化と...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:17 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0121 sec.

http://trotters-independent-traders.co.uk/